SSKPI
一流のクラウドプラットフォームでソリューションを構築
SSKPIは、オンプレミスシステムを適切なクラウドソリューションへ移行するサービスを提供することにより、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、
企業のプロセスと運用作業を最新化するのを支援しています。
クラウドソリューションに関する専門知識や成功したプロジェクトから得た経験により、ビジネスを中断せず、スムーズにクラウドへ移行できるように支援します。
SERVICE
弊社のサービス
SSKPIが提供しているクラウド移行サービス

企画と設計

・ビジネスニーズに合わせた移行の戦略と計画
・クラウドに適合したアプリケーションとデータウェアハウスのアーキテクチャ
・迅速な開発のためのCI/CDパイプライン設計

移行と最適化

・最新化のアプリケーション
・クラウド・インフラストラクチャの構成
・必要の際、クラウド環境とオンプレミス環境を統合し、ハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャを形成
・CI/CD実装。 ・テスト戦略、テスト計画、テストケース実行 ・データ移行スクリプト、移行のデータ

サポートと最適化

・クラウドアプリのパフォーマンスや負荷などを測定するため、監視ツールをセットアップ
・クラウド運用コストの最適化戦略
多様の要求に合わせるアプリケーション移行のサービスオプション
アプリケーション移行コンサルティング
アプリケーション移行コンサルティング
・アプリ移行要求に繋がるビジネスニーズの分析
・最適なクラウドと実装方法(パブリック/プライベートクラウド、マルチクラウド、ハイブリッド)の選択・最適なクラウドサービスの選択
・プロジェクト計画など
エンドツーエンドのアプリケーション移行
エンドツーエンドのアプリケーション移行
“・アプリ移行要求に繋がるビジネスニーズの分析
・最適なクラウドと実装方法(パブリック/プライベートクラウド、マルチクラウド、ハイブリッド)の選択
・最適なクラウドサービスの選択
・プロジェクト計画など”
エンタープライズシステムを全体的クラウドに移行
エンタープライズシステムを全体的クラウドに移行
・ITインフラストラクチャと移行するアプリの評価
・複数のアプリとデータベースを移行するための包括的の戦略を立て、実装する。
・クラウドソリューションのエンタープライズシステムのメンテナンスと最適化
オンプレミスからクラウドへの移行
適切な移行ソリューションを見つける
オンプレミスインフラストラクチャをあらゆるクラウドプラットフォームに移行します。

詳細の内容についてはお気軽にご相談くだださい!

Working process
クラウドへの移行はどのような仕組みなのか?
まずは適切なクラウド戦略、運用モデル、ロードマップ、およびエコシステムパートナーを決定するため、お客様と相談します。 次に、高い費用対効果で安全且つ迅速的にクラウドへの移行と最新化を支援します。

クラウド移行の準備フェーズ:発見と分析

独自のツールを使用し、インフラストラクチャ、アプリケーション、およびデータをスキャンし、評価することにより、戦略的なビジネスニーズに基づく最適なサービスを決定します。

クラウド移行の戦略と計画

ビジネスニーズを評価した上で、リスク・時間・コストを削減するため、最適な移行戦略を提案し、既存のワークロードをクラウドに移行する計画を立てます。

クラウドデータ移行

スムーズな移行を実施するため自動化されたクラウド管理や移行ツールを使用すると共に、トランスフォメーション計画通りに管理します。

ソブリン・クラウドサービス

地域と業界の標準に沿った方法により、データの価値を解き放ち、データを保護するソブリンソリューションを形成するのをお客様に支援しています。
Technology
得意のクラウドプラットフォーム
  • Amazon Web Services
  • Microsoft Azure
  • Google Cloud
プログラミング言語
  • Angular, Node.js
  • React, Vue.js, Ember.js
  • Ruby & Ruby on Rails
  • HTML5, CSS3 & JavaScript
  • PHP & Laravel
  • Bootstrap, Materialize
  • C#, .NET, ASP.NET
  • Java & JSP
  • Python & Django
FAQ
よくある質問

クラウドは、柔軟性、大規模かつ低コストのストレージ、拡張のサービスを提供することにより、 急速な成長を続けていることは容易に理解できるでしょう。

クラウド移行とは、企業のデジタル資産、サービス、データベース、ITリソース、 およびアプリケーションを部分的または全体的にクラウドに移行するプロセスを指します。 これは、あるクラウドから別のクラウドに移行することでもあります。

  • パブリッククラウドは、従量課金制モデルを通じスケーラビリティを提供します。
  • プライベートクラウドまたはオンプレミスクラウドは、より高度な情報セキュリティ機能と制御機能の追加を提供します。
  • ハイブリッドクラウドは、パフォーマンスと接続が低下される可能性がありますが、パプリッククラウドとプライベートクラウドの両方の利点を所有するモデルです。
  • 敏捷性と柔軟性の向上
  • より速い革新能力
  • 高まるリソース需要の緩和
  • 高まる顧客の期待を応える
  • コスト削減
  • 即時のビジネス結果がつながる
  • ITを簡素化する
  • Everything-as-a-service(XaaS)に変換する
  • クラウドのスケーラビリティ
  • slacjパフォーマンスが改良される

エンドユーザーと同様であり、低コスト、簡単なアクセス、高いスケーラビリティといったメリットがあるから、多くの企業がオンプレミスアプリケーションをAWSでホストしているようです。 AWSに関するここ数年のレンドは、従来のソフトウェア企業が彼らのオンプレミスアプリケーションをAWSに移行し、SaaSとして提供する傾向が増加していくそうです。

クラウドとオンプレミス。それぞれのメリット・デメリットを比較して見ていきましょう。

オンプレミスクラウド

コスト形態

資産

経費

コスト

サーバーやソフトウェアライセンス、ネットワーク機器の購入など初期費用が高額。数年後の使用量を想定して初期投資が必要。

初期費用無料が一般的。低コストでスタートでき、必要な時に必要なだけサーバー増減が可能なため、コストを最適化しやすい。

インフラ調達期間

機器調達に、数週間から数ヵ月かかる。

アカウント登録後すぐに利用できる。Web上から、サーバー台数の増減やスペック変更などが行える。

カスタマイズ

自前で構築するため、要望にあわせて自由にカスタマイズ可能。

IaaS型クラウドの場合、比較的自由度高く使える。

ネットワークセキュリティ

自社内の閉じたネットワーク環境下でシステム構築・運用できるため安心。

他のユーザーと物理的に分かれたプライベートネットワーク(VLAN)環境を利用できるため安全。

既存システムとの連携

同一ネットワーク内にある社内システムとの連携や統合などの自由度は高い。

インターネット利用を前提とした場合、連携不可のケースもある。閉域網接続などインターネットを経由せずに、自社システムと連携するハイブリッド利用も増えている。

障害対応

自社で復旧作業を行う。場合によって現地へ駆けつける。

クラウド事業者が復旧作業を行うため、インターネット越しに復旧を確認できる。

コスト

サーバーやソフトウェアライセンス、ネットワーク機器の購入など初期費用が高額。
数年後の使用量を想定して初期投資が必要。

他のユーザーと物理的に分かれたプライベートネットワーク(VLAN)環境を利用できるため安全。
クラウドソリューションに関する専門知識や成功したプロジェクトから得た経験により、ビジネスを中断せず、スムーズにクラウドへ移行できるように支援します。
Case Study
事例
数多くのドメインにわたる開発の経験
STANDBY

STANDBY

オンプレミスからクラウドへの移行
・オンプレミスシステムのデータベースMysqlからMongoDB Cloudへ移行
・既存システム(サーバー)を全体的にAWSクラウドへ移行し、アプリケーションの Docker 化する。
・AWSクラウド上に新システムを最新化し、開発する。
Paperlogic system

Paperlogic system

・既存システム(サーバー)を全体的にAWSクラウドへ移行する。
・AWSクラウド上に新システムを最新化・開発する。
・アプリケーションの Docker 化する。
・新機能の追加開発
+ PDFファイルに署名のドラッグ
・ドロップやテキストの入力、チェックボックスの追加
+ 各社のシステムにPDF書類を送付し、Saleforceと連携で電子署名する機能"
Royalty

Royalty

既存システムをサーバーからプライベートクラウドへ移行
・既存システムの研究・分析
・UI・UXデザイン
・アプリからウェブに変換
・パフォーマンス改善
Teams
チーム紹介
Long Dinh Ha
Long Dinh Ha
取締役会のメンバ
最高経営責任者
Duc Nguyen Van
Duc Nguyen Van
最高デリバリー責任者
Tetsuya Mori
Tetsuya Mori
取締役会のメンバ
顧問
弊社のチームと一緒に働きませんか。
クラウド移行について、何でもお気軽にご相談ください!
SSKPI株式会社
  • ベトナム事務所ハノイ市Cau Giay区Trung Hoa町Nguyen Quoc Tri通り31A番地
  • 日本事務所神奈川県横浜市中区山下町2番地産業貿易センタービル2階
  • メールアドレスinfo@sskpi.com
  • お電話ください(+84) 983-686-672